転職での面接は雰囲気と立居振舞がチェックポイント

      2016/08/04

転職の面接で見られること

転職での面接で面接官が注目することは、仕事の能力の確認と自社の社風に合うか否かということの確認がメインになります。

履歴書に記載されている資格、今までの職務経歴に書かれている能力の説明を受けたり、またそれを確かめるために、場合によっては筆記試験をおこなったりします。

そして受け答えを的確にはっきりとおこなっているか見ますが、それ以上に醸し出される雰囲気や振舞いを注意深く観察しているケースが多いです。

折角能力がある人が入社しても、社風に合わずにまた転職していくことも十分考えられるために能力以上に、どのような性格の人でその部署の社員達の性格等とも合うかも確認が重要になり、その点で性格検査等をおこなう企業も多いです。

 

【リクナビNEXT】



リクナビNEXTでしか出会えない求人が87%も!

クリエイティブの求人ならリクナビNEXT


 - 転職情報 , , , ,